焼肉ギャザリング!!体育会系メンズ達に小洒落たスタイリングなんて無用><;

e0367485_15200338.jpeg
photo by youme.Yone Photostyling Creative MTGにて

<GW 蓼科 民宿おばちゃん奮闘記 その2>

今日はP&style(パーティープランナー、空間スタイリスト)米山優美子
を名乗れない><;現実を告白(冷汗)
体育会系メンズ相手には小洒落たスタイリングより
胃袋を満たすのが先!!
だったのでした。

GW5月5日 初孫初節供祝いを兼ねて
蓼科で10人+1Babyで焼き肉ギャザリングでした。

実は今フィンガーフードも勉強中の私は何種かFF材料の用意もしていたと言い訳
でもお腹をすかせた体育会系の夫&息子を始め食べ盛りの男性達を前に
気取ってお洒落なフィンガーフードに手間をかけるなんて無用で
ガッツリ系で胃袋を満たす食べ物の方が嬉しい現実!!
e0367485_15201889.jpeg
e0367485_15201169.jpg
e0367485_15202677.jpeg
長野県産の蓼科牛や新鮮野菜を現地で買い出して来て
同フロアー3軒の蓼科トリオでお揃いで揃えた
小さなホットプレート3台を前に
長野県産スパークリングワインで先ずは乾杯♪
e0367485_15205132.jpeg
e0367485_15204244.jpeg
肉が焼けるまでのつなぎに
『待て!!』と犬には命じるクセに自分は待てない男共に
先ずはスティックサラダ、ほうれん草ベーコンサラダ、グリーンサラダの野菜類

唯一手作り自慢させてもらったのが
このスティックサラダのディップソース!!
スタジオへスティアTomo先生にご指導受けて丹誠込めて
大豆から手作りした白味噌ベースで作ったのです。
おかげでスティック野菜もポリポリと凄い勢いで消費されよく売れました(嬉)

それと狭い狭いスペースによくも10人+1も詰め込めたこと(笑)
これも一工夫しました。
e0367485_15203138.jpeg
蓼科のお部屋 LDは4人掛けテーブルと
いつも見せてる窓際にコンパクトなコーナーソファが在るだけ。。
ダイニングテーブルを囲めるのは本当は4人だけ。

ベランダにIKEAの安価なアウトドアテーブル2人用が
置いてあったのでそれをダイニングテーブルにくっつけて
天板だけを(昔娘が使っていた机の)上に乗せてランナー敷いて
+4人=8人+
e0367485_15203733.jpeg
残りの2人は段違いで低いソファーテーブルに
ホットプレートを1台置いてキッチンカウンターから
縦並びに10人+抱っこ1Babyで目一杯
フーッ!!(汗)
e0367485_15204633.jpeg
取り敢えず体育会系メンズのお腹も満たされ
お酒もワイン、ビール、焼酎、日本酒と
皆でご機嫌に進み 民宿のおばちゃんホッと一息♪

ホスピタリティー☆って『ゲストに幸せな気分になってもらう事!!』

気取って小洒落てみても空腹状態で長くお待たせしてしまっては
本末転倒ですモノね!?

初節供 主役Babyは隣の和室で
この賑わいをよそにスヤスヤ寝んね Zzzzz  オオモノ(笑)




でもでも本当は
スタイリスト的に材料は一応用意してあってこんな風にしたかったのよ^^(汗)
e0367485_15210963.jpeg
定番フルーツピンチョス スパークリング
e0367485_15212787.jpeg
Tomoちゃん先生に新宿京王プラザHミモザセミナーで教わった
スティックサラダブーケ
e0367485_15212236.jpeg
生ハムグリーシーニ
e0367485_15211498.jpeg
IKEAで買ってあったミニタルトカップは↓こんな風に
e0367485_15211811.jpeg
今度もう少し余裕のある時ね!?^^♪


ブログ訪問 最後までお読みいただき有り難うございました。


感動が人を動かし
出会いが人を変えるんだなぁ

相田みつを


次回はアラ還親爺達の海釣り武勇伝 
『鯛しゃぶギャザリング』記事や
Tomoちゃん先生のスタジオヘスティア
で教わった白味噌作り記事もアップしたいなと思います。
















[PR]
by youme_pstyle | 2017-05-19 08:30 | PARTY GATHERING | Comments(0)

『心地良い空間と幸せ気分を届けたい』小さな拘りと適当な手抜きでも心温まるおもてなしを研究中! P&style パーティープランナー(日本パーティプランナー協会認定)、空間スタイリスト、フォトスタイリングクリエーターとしてフリー活動!  愛犬トイプー桜と東京世田谷、長野立科のデュアルライフで暮らす ゆみよね のスローライフを綴っていきます。


by ゆみよね